山口県南すおう地域でいちご栽培を始めませんか? 検討中フォルダに入れる

山口県南すおう地域でいちご農家になりませんか?お試し体験希望者随時受付中♪

山口県東部の南すおう地域は、柳井市、田布施町、平生町、光市、上関町の5つの市町で構成する地域で、県内でも有数のいちごの産地です。
瀬戸内海に面し、比較的温暖な気候で日照時間が長いことから、いちご栽培に適し、古くから盛んに栽培がおこなわれてきました。この地域のいちごは市場や消費者からの評価も高く、単価が安定して高収益が見込まれるため、県の新規就農の推奨品目の一つとなっています。
 


 
 
南すおう地域では、新たな担い手となる新規就農希望者(研修生)を毎年募集しております。
令和5年度の研修生募集は既に締め切りましたが、令和6年度以降に向けて、まずは現地を見てみたいという方や、農業体験をしてみたいという方を随時受け入れしています。
内容はご希望者様と個別に調整いたしますので、南すおう地域での就農にご興味のある方はぜひご連絡ください。

【研修生募集の背景】
古くからいちご栽培が盛んにおこなわれてきた南すおう地域ですが、近年は生産者の高齢化により栽培面積が減少しています。そこで、地域の課題である担い手の確保を図るため、いちご農家を目指す方々に向けた研修制度を整備し、JA、県、市町が一体となり支援をおこなっています。

研修期間は2年間。1年目は山口県立農業大学校等で栽培技術、農業経営の基礎知識を習得していただき、2年目には南すおう地域で一人一人が自分用の研修ハウスを自らの判断で栽培管理し、農業経営管理を修得する実践研修を実施いたします。(令和6年度以降の研修内容等は変更になる可能性があります)
研修期間中はもちろん、研修終了後の就農時、就農後も含め、いちご農家として自立できるよう、地域全体であなたをバックアップいたしますので、いちご農家になりたい!という夢をお持ちの方はぜひご参加ください!

【南すおうのいちご栽培について】
◆栽培地域 柳井市、田布施町、平生町、光市(旧大和地域)
◆栽培品種 さちのか、紅ほっぺ、恋みのり ※土耕及び高設栽培
◆出荷時期 12月上旬から5月下旬まで
◆出荷先 山口県内の市場、地域直売所等 ※量販店との相対取引、販促活動、産地見学会等を実施しています
◆栽培スケジュール
・9月に定植し、11~6月頃まで収穫します。
・親株定植から育苗、収穫まで、20カ月以上の長期にわたるので年間通して作業があります。
・栽培方法は土耕栽培、高設栽培の主に2通りです。それぞれにメリット、デメリットがあります。
 →土耕栽培:地面に直接植える方法。設備投資は安いが作業の大半が中腰作業になる。
 →高設栽培:1m位の台上で栽培する方法。立ったまま作業できるが、設備投資が高い。

  • 農業体験会の様子です。
    農業体験は随時受付しております。いちご農家になることをお考えの方、まずは見学、体験しにいらっしゃいませんか?

  • 農業体験会の様子です。
    いちごの栽培方法は土耕栽培、高設栽培の主に2通りがあり、それぞれにメリット、デメリットがあります。体験を通じてどちらのスタイルがご本人に合うかを考えることができます。

この求人に応募する この求人にお問い合わせする

イベント求人

募集要項

名称 南すおう地域 農業体験研修生募集 【南すおう地域農業振興協議会】
募集内容 これから新たにいちご栽培に取り組みたい方で、山口県南すおう地域での研修生募集にご興味のある方を対象に、お試し体験を実施いたします
体験の内容等は希望者様と個別に調整いたします。

募集先情報

名称 『いちご』農業体験研修生募集 南すおう地域農業振興協議会
所在地 〒742-8646 山口県柳井市中央三丁目16番1号
(JA山口県南すおう統括本部 (南すおう地域農業振興協議会事務局))
お問い合わせ先 ●研修生募集についてのお問い合わせ先●
山口県柳井農林水産事務所農業部
TEL:0820-25-3293
お申し込み先 ●お試し体験の申し込み先●
公益財団法人やまぐち農林振興公社
担い手・新事業支援部担い手支援課
TEL:083-902-6696
E-mail:yashuno@y-agreen.or.jp
この求人に応募する この求人にお問い合わせする
求人情報一覧に戻る