農業就転職イベント『就農会議2025』オンライン検討中フォルダに入れる

キラリと光る農業の成長企業と出会える就転職イベント開催!
大規模施設園芸、耕種園芸、酪農、肉牛、養豚、養鶏・・農業業界の”具体的な仕事”と”やりがい”が見える!
企業からのプレゼンやLIVE中継、個別交流を通じて農業法人の「リアル」が伝わる!
【2025年新卒生&若手社会人対象】
◎参加無料◎
◎入退場自由◎
◎来場者特典あり◎

開催日時2024年3月16日(土)10:00~16:00

申し込み締め切り日2024年3月15日(金)

皆さんこんにちは!
農家のおしごとナビでは、来る3月16日(土)、農業分野への就職や転職に関心のある皆さんを対象とした農業就活イベント『就農会議2025』オンラインを開催いたします。

就農会議は、新卒生や若い就農希望者の採用を積極的に考えている農業法人と農業に関心のある皆さんとの出会いの場。
出展企業は大規模施設園芸を展開する法人や野菜の多品種栽培を行う法人、青葱に特化して急成長中の法人、国内でも有数のお茶の生産量を誇る法人、肉牛と畑作の複合経営を行う法人、酪農、養豚、養鶏をそれぞれ展開する法人など様々で、ご参加いただくことで農業分野のあらゆる業種の具体的な業務ややりがいが見えてきます。

近年、農業分野では担い手不足や従事者の高齢化が深刻化し、それに伴い農家戸数の減少や耕作放棄地の拡大が年々進んでいますが、一方でそのような情勢をチャンスと捉え、明確なビジョンのもと積極的に事業展開をし、年々成長を遂げている企業が増加傾向にあります。
今回のイベントの出展企業はまさに農業分野を牽引し、これから先、更なる成長を目指す企業ばかりです。
キラリと光る農業法人で働きたい!そんな方はぜひイベントにご参加いただき、農業の今を感じ、就職や転職の可能性を探ってみませんか?
今回は、オンライン開催のメリットを活かし、全国各地の農場からのLIVE中継もおこないます!

「農業への就職を考えているけど、農業ってどんな会社があるんだろう・・」
「ビジョンがしっかりしている農業法人で働きたい」
「実際に農業で働いている人の話が聞きたい」
「就職するならやっぱり自分が成長できる会社がいい」
「日本の食を支えたい」「人や社会の役に立ちたい」
「地域を牽引する成長企業で働きたい」
そんな思いをお持ちの方は、ぜひイベントに参加してご自身の想いに合った会社を見つけてください!
▽こちらから簡単にエントリーできます!▽
◎申し込みフォームはこちら

●過去の参加者の声
「顔を見て、声を聴いて、働いている方を身近に感じました。農業に興味はありつつ、自分はどうしていきたいか考えているのでとても良い機会でした」(法学部男性)
「今回のイベントに参加したことにより、更に「農業に携わる仕事がしたい」という意思を強める事が出来たと思います。」(情報学部女性)
「農業未経験かつ生まれ育ちも都会で農地に触れ合う機会がほぼ無かった自分にとって、リアルタイムで農地の様子や田植え機からの景色を見ることが非常に新鮮で面白かったです。」(法学部男性)
「今回のイベントでは各企業の職場の雰囲気を感じることができたので、それぞれの企業で働くイメージが掴みやすかったです。」(人間環境学部男性)
「想像以上に個別ブースなどでは双方向の関わり合いをすることができた点がとても良かったです。(社会人女性)
「大変そうだという理由から、これまでは自分が農家になるという選択肢はなかった。お話を聞いて、農業法人に就職して行う農業は、「一人でやるものではないのだと感じることができた。農業に対するイメージが変化した。」(農学部女性)
「初のオンライン企業説明会でしたが、対面と同じように企業研究ができました。プレゼン時間では少しの時間で数か所の企業のお話が聞けたことが良かったです。」(総合文化学部女性)
「自身が今後農業で生計を立てていく上での、環境や考え方の方向性を確かめることができ、良いイベントだと感じました。」(農学部男性)
「農業全体のイメージが大きく広がりました。それぞれの業種の特徴や、農業と広くいっても育成やその過程は大きく違い、そのイメージを自分の中でより鮮明にすることができました。」(心理学部男性)
「普通に調べるだけでは辿り着けないような企業様と出会うことが出来てよかったです」(栄養学部女性)
等々、参加者の満足度の高いイベントです。
※その他の参加者の声もページ下部にご紹介しています

●出展企業
株式会社サラダボウル(山梨・岩手・福島・兵庫・静岡・埼玉・福岡/野菜)
 →全国各地に展開。最先端施設でトマト&レタス生産。
鹿児島堀口製茶有限会社(鹿児島/お茶・六次化)
 →国内で有数のお茶の生産規模!世界でも評価されるお茶を生産!
・アイ・エス・フーズ徳島株式会社(徳島/青ネギ)
→→設立3年で売上1億達成!今注目の農業法人。目指すは農業界の希望となる存在!
日本一鶏肉研究所株式会社(熊本・大分/ブロイラー養鶏)
 →こだわりの鶏肉を消費者に届けるため、生産から販売までを一貫しておこなっています
・株式会社愛鶏園(埼玉・茨城/採卵養鶏)
 →大規模養鶏のパイオニア。ブランド卵「愛たまご」を生産。孵化から販売までを一貫しておこなっています
・株式会社ひたち農園(茨城/採卵養鶏・六次化)
 →三つ星レストランや有名スイーツ店のシェフから絶賛されるブランド卵「奥久慈卵」の生産加工販売
・株式会社林牧場(群馬・宮崎/養豚)
 →世界最先端の豚舎設備と管理技術を取り入れ、「世界一キレイでカッコイイ養豚」を実現
・有限会社北翔産業(北海道/肉牛&畑作複合経営)
 →黒毛和牛の生産と畑作物(甜菜、馬鈴薯、スイートコーン、小豆)生産の二刀流で成長中!
・あのつ牧場株式会社(三重/酪農)
 →飼料作りからこだわり、安心で安全な牛乳を消費者に届けています。ロボット搾乳を導入し、省力化も実現
・株式会社やさいの樹(静岡/野菜)
 →「安全でおいしい野菜で世界中の人々に笑顔を」という理念のもと、約40haの畑で野菜を生産

皆様、各社からのプレゼン&LIVE中継をお楽しみに!

●参加対象
2025年卒業予定新卒生、2026年・2027年卒業予定の学生
社会人(概ね30歳くらいまでの方)

●イベントの狙い
・プレゼンや交流タイムを通じて農業分野で成長をしている農業法人の話を聞き、農業への就職について考えるきっかけを作る
・LIVE中継を通じて、出展企業の職場の雰囲気を掴む
・実際に働かれている従業員や社長の話を聞き、それぞれの会社で働くイメージを掴む
・インターンや選考についての情報を得る

●プログラム
・各出展企業からのPRタイム(プレゼン&LIVE中継)
 ⇒ホームページや求人票からは掴めない、会社の想いや雰囲気を掴むことができます
 ⇒LIVE中継では、農場の様子や職場の様子、環境面についても知ることができます
・自由交流タイム
 ⇒各企業のPRを聞いて、より詳しくお話を聞いてみたい企業がありましたら、交流タイムを使って詳しくお話を聞くことができます

農業への就職を決めている方はもちろん、まだ情報収集段階という方も大歓迎です。
オンライン開催ですので、全国どこからでもご参加可能です。
もちろん、参加費は無料!事前申込制となっておりますので、ご興味のある方はお早めにお申し込みください。
お申し込みはこちら

★来場者特典あり!★
1.出展企業からのオファー
イベント終了後、企業からの特別オファーが来る可能性があります。
特別オファーとは、企業がぜひ選考に進んでほしい!という方に送る特別メッセージです。

2.参加者特典
プレゼン時間からご参加いただき、2つ以上ブース訪問をされ、アンケートにご回答いただいた方に就活応援としてアマゾンギフト1,000円分をプレゼントいたします。
※詳細はエントリー後にお伝えいたします

●就農会議参加申し込みフォームはこちら

このイベントに応募する このイベントにお問い合わせする

イベント求人

募集要項

名称 農業就・転職イベント「就農会議2025」オンライン
開催日時 2024年3月16日(土)10:00 ~ 16:00(受付9:30~)
開催場所 オンライン開催(オンラインツール「reBako」を使用)

※参加申し込み後、事務局より参加のためのURLと参加マニュアルをお送りいたします
開催内容 10:00~10:05 開会・オリエンテーション
10:10~13:00 出展企業からのプレゼンテーション&LIVE中継(各社15分ずつ)
13:00~13:25 個別ブースでの交流タイム 1回目
13:30~13:55 個別ブースでの交流タイム 2回目
14:00~14:25 個別ブースでの交流タイム 3回目
14:30~14:55 個別ブースでの交流タイム 4回目
15:00~15:25 個別ブースでの交流タイム 5回目
15:30~15:55 個別ブースでの交流タイム 6回目

※交流タイムは参加者の皆さんが各企業のブースに訪問し、それぞれの企業の方と交流をしていただきます。
※プログラムの内容は状況により変更になる場合があります
※途中退場も可能です
参加対象 ・2025年卒業予定新卒生(学校・学部・学科不問)
・2026年・2027年卒業予定の学生
・社会人(概ね30歳くらいまでの方)
参加費 無料
定員 50名程度
持ち物 ・オンラインはPC、スマホからご参加いただけます(PC推奨)
・安定したインターネットの通信環境で、騒音の少ない場所から接続をお願いします
出展企業の紹介①
株式会社サラダボウル(全国各地・トマト・レタス)
 

 
●会社紹介●
サラダボウルは、「農業の新しいカタチを創りたい」との強い想いによって設立されました。私たちは、今、より強い実感として農業の無限の可能性を感じています。そして、次の時代を切り拓く覚悟を持って新たな事業展開に挑戦しています。
農業の新しい扉を一緒に開いていきませんか?
日本を、そして世界を舞台にしたサラダボウルと一緒に挑戦していく人材を募集しています!


●事業内容●
農産物の生産・販売
●社員数●
88名
●平均年齢●
34歳
●男女比●
7:3
●皆さんへメッセージ●
【未経験スタートの社員も多数活躍中!】
サラダボウルで働く仲間は、最初から農業を専攻してきた人は少なく、幅広い分野や年齢の人達が集まって日々切磋琢磨しながら働いています。農業への関わり方は様々ですが、いずれの職種を選択しても、まさに今自分達が「新しい農業を作っている」という実感を得る事ができる、やりがいに溢れた職場だと思います。
 
是非、一緒に農業の新しいカタチを創りましょう!


▽ホームページ▽
http://www.salad-bowl.jp/
出展企業の紹介②
鹿児島堀口製茶有限会社(鹿児島/お茶・六次化)
 


 
●会社紹介●
当社は鹿児島県志布志市でお茶を栽培し、製造、販売まで一貫しておこなっている会社です。
茶園の面積は300haを有し、お茶を生産する農業法人では日本でも有数の規模です。化学農薬だけに頼らない茶生産の手法を確立し、国内・海外どちらにも流通が可能な茶原料を生産。販売会社の和香園の商品は毎年数々の賞を受賞し、国内だけでなく海外でも賞を頂いております。
また、農業・製造の仕事のほかにもお茶の創作茶膳レストランや新しいお茶の文化を提供するショップやteaStandが昨年オープンするなど幅広い業務をおこなっております。

●事業内容●
茶園管理・茶の製造(1次加工、2次加工)・茶音の蔵(お茶レストラン)運営、大隅茶全(販売店)運営

●社員数●
75名
●平均年齢●
39歳
●男女比●
8:2
●勤務地●
鹿児島県志布志市有明町原田

●参加者の皆さんへメッセージ●
現在社員数は約75名。部署が様々分かれていますので、普段は顔をあまり合わせない社員もいるのですが、社内SNSを使ってそれぞれの部署の出来事を気軽に投稿し、それを社員みんなが確認できるようにしていますので距離感は感じません。また、毎年新茶のシーズン前にはバーベキュー大会を開いたり、年末には納会をおこなったり、社員一同集まる場もあります。
より良いお茶を、より良い商品を作り続けるためには、従業員みんなが働きやすい環境の中で働き、柔軟な発想のもと、アイディアを出し合っていろいろなことに挑戦できる雰囲気が大切だと考えています。

▽ホームページ▽
https://www.horiguchiseicha.com/
https://sazen.jp/
出展企業の紹介③ 
アイ・エス・フーズ徳島株式会社(徳島県・大分県/青ネギ)
 

 
●会社紹介●
徳島県阿波市で青葱を生産しております。
吉野川の恵まれた土壌・水と最新技術を掛け合わせ周年安定供給しています。
栽培面積:約10ha 年間収穫量:約820t
生産工程管理の手法として2020年にASIAGAPを取得。
栄養価を分析機関で数値化するなど、安定供給だけでなく、根拠のある安心・安全・美味しさを追求しております。
また、2021年には新社屋と新工場を竣工、
さらなる事業拡大に向け取り組んでおります。
★農林水産省『全国優良経営体表彰 2020』経営改善部門 農林水産省大臣賞受賞

●事業内容●
青ねぎの生産・販売
●社員数●
9
●社員の男女比●
8:1
●社員の平均年齢●
32歳
●勤務地●
徳島県阿波市土成町
※令和7年~大分の九重町でも生産開始予定
●参加者の皆さんへメッセージ●
熱い人材募集中!
20代・30代が活躍中!
従来の農業のイメージや固定概念にとらわれず、
一緒に新しい日本の農業を創造しませんか?
▽ホームページ▽
https://isfoods.jp/
出展企業の紹介④
株式会社 林牧場(群馬県・宮崎県/養豚)
 

●会社紹介●
弊社は世界最先端な豚舎設備と管理技術を取り入れた国内有数の大規模養豚企業です。豚と人と環境にやさしく、「世界一キレイでカッコイイ養豚」の実現を目指しています!
群馬県前橋市、桐生市、宮崎県都城市に計16農場を展開し、約15万頭の豚を飼育しています。
大規模養豚企業だからこそできる最新鋭の設備に投資を行っており、完全週休2日、月平均残業時間2時間程度と、ワークライフバランスをしっかり考えた働き方を実現しています。
また、環境にもしっかり配慮しており、畜産業に持たれがちな「臭い、汚い、きつい」というイメージを壊すよう、万全の対策を行っております。

●事業内容●
種付け、分娩、離乳、肥育の4部門に分かれての仕事になります。
豚が心地よく育つための環境をコントロールしたり、豚の健康チェックが主な仕事になります。
言葉ではなかなかお伝え出来ないので、映像でお伝えできればと思っています。
●社員数●
180名
●正社員の男女比●
2:1
●正社員の平均年齢●
34歳
●参加者へのメッセージ●
動物が好き! 日本の食を支えたい! 農業のプロフェッショナルを目指す!
という気持ちを持った方!
まずは林牧場の農場見学にお越しください!
▽ホームページ▽
https://hayashifarm.co.jp/
出展企業の紹介⑤
日本一鶏肉研究所株式会社(熊本・大分/養鶏)
 

●会社紹介●
日本一の鶏肉づくりを目指す当社で、全ての農場で一貫して徹底している事は「鶏にストレスを与えない環境づくり」です。
鶏は非常に憶病で繊細な生き物です。ちょっとしたストレスで病気にかかってしまいます。健康な鶏を育てることが、美味しい鶏肉づくりにはとても大切です。そこで当社では、業務の中で最も気をかけているのが、鶏の寝床です。
人間が環境の悪い寝床で睡眠を取っても、翌日に疲れが抜けないのと同じように、生き物にとって高い質での睡眠は必要不可欠です。育成期間中に快適に過ごしてもらう事を心掛けています。

●事業内容●
養鶏農場に関する作業及び管理
・鶏餌やり
・農場の掃除、見回り、温度管理等
※農場内でトラック(2t)の運転あり
・その他、上記に付随する業務
●社員数●
56名
●正社員の男女比●
9:1
●正社員の平均年齢●
46.9歳
●勤務地●
熊本県菊池市、山鹿市
大分県日田市、大分市
●参加者へのメッセージ●
4つの直営農場でゼロから学べる環境が整っています。煩わしい人間関係などの気にする事なく、ストレスはほとんど皆無。
自然を相手にしてダイナミックにやりがいを持って働ける職場です。
命を育むお仕事で命の大切さを学べるとともに自己の成長を実感できます。チャレンジする人を応援し、チームワークを大切にしています。みんなが協力して健康な鶏を育てることで感動や充実感をもてます。また、6次産業化を推進しており、消費者へ私たちが育てた思いを直接届ける事ができます。

▽ホームページ▽
https://www.thechicken.jp/
出展企業の紹介⑥
株式会社やさいの樹(静岡/野菜)
 

●会社紹介●
静岡県菊川市でレタス40haをはじめ、キャベツ、トウモロコシ、キュウリ、ナス、オクラ、セロリ、カボチャと多くの品目を扱っています。
菊川市はお茶の産地として有名ですが、当社の代表はこの地で誰もやったことのなかったレタスの大量生産に成功した第一人者です。この成功から生産者も徐々に増え静岡でも有数のレタス産地として発展してきました。
契約栽培を行っており、大手ハンバーガーチェーン、スーパーなどへ出荷しています。
菊川市は温暖な気候で、職場から車で5分も走ればコンビニ、飲食店、家電、ホームセンター、24h営業のドラッグストアなどがあり、生活の面で困る事はほぼありません。

●事業内容●
レタス、キャベツ、ロメインレタス、おくら、きゅうり、なす、とうもろこし、セロリの栽培
●社員数●
4
●正社員の男女比●
10:0
●正社員の平均年齢●
33歳
●参加者へのメッセージ●
農業の経験は不問です。代表、社員4名共に非農家、皆経験のない状態からのスタートでした。最初は不安しかなかったですが、その分やりがいもあります。農業は大変なイメージがあると思いますが、以前は手作業だったものが機械化が進み、体への負担はかなり減りました。
まずは農業、当社のやり方に慣れていただき、ゆくゆくはパートさん、外国人実習生を取りまとめるリーダー、そして会社の経営に携わる幹部へとなっていただけるよう、全力でサポートしていきます。
自分はこんな農業やりたい!その考えを是非お聞かせください。
やりたい事をなんでもやる会社、やさいの樹ならあなたの夢を実現できるはずです。
出展企業の紹介⑦
あのつ牧場株式会社(三重/酪農)
 

 
●会社紹介●
あのつ牧場は、「人と牛に愛され持続可能な新しい牧場」を展開していっています。
その中で特に機械化には力を入れており、搾乳のロボット化、子牛育成の自動化、餌の給餌の自動化など、最新鋭の設備を導入し、日々牧場の仲間とともに挑戦しております。また、デントコーンの生産も開始し、初年度で70haの圃場から2,000t以上の収穫をしております。

●事業内容●
酪農業全般
●社員数●
27
●正社員の男女比●
5:5
●正社員の平均年齢●
30.8歳
●勤務地●
水沢農場:三重県四日市市水沢野田町1618-20
津本場 :三重県津市安東町243-1
●参加者へのメッセージ●
持続可能で最先端の新しい酪農を体験してみませんか?
酪農作業の自動化、海外からの依存に頼らない餌の栽培など、他の牧場では体験できないことを次から次へと行う地域密着型農業を展開しています。
まずは牧場を見に来てねー!

▽ホームページ▽
http://anotsu-dairy.com/
出展企業の紹介⑧
株式会社ひたち農園(茨城/養鶏)
 

●会社紹介●
お客様の笑顔がみたいからをモットーに、私たちは【東京】と【茨城】を中心とし、さらに【東北】加えて鶏卵、加工および鶏糞の営業活動、さらに厚焼玉子の製造や直営店での販売を行う食品企業です。

◆創業1980年の歴史をもつブランド卵【奥久慈卵】
箸でつかめるほどの濃厚な黄身。
ビタミン類がたっぷりとつまった高い栄養価。
こだわりが生む深いコクとうまみ。
ご飯の上に落とすだけで絶品料理になる
そんなブランド卵「奥久慈卵」。

「やりたい仕事は明確に決まってはいないけど、自分の経験やスキルを活かせる仕事に就きたい」
という方にはおすすめの職場です。

●事業内容●
1. 鶏卵、鶏肉の生産並びにこれらの加工品の製造及び販売
2. 菓子の製造及び販売
3. 惣菜の製造及び販売
4. 肥料の製造、加工及び販売
5. 飲食店の経営 など
●社員数●
36名(正社員16名、パート社員6名、技能実習生14名)
●正社員の男女比●
4:1
●正社員の平均年齢●
25
●勤務地●
常陸大宮本社・パックセンター/茨城県常陸大宮市大岩1463-15
水戸オフィス・水戸加工センター/茨城県水戸市柳河93-1
●参加者へのメッセージ●
・食品メーカーで機械や人を管理する仕事です
・初任給も30万円台に大幅UPしました!
・住宅補助もほぼ100%対応
・奨学金応援制度もあります

▽ホームページ▽
https://okukujiran.com/
出展企業の紹介⑨
株式会社愛鶏園(埼玉・茨城/養鶏)

●会社紹介●
国内でも数少ないヒナの飼育からたまごのパッキングまでを自社で行う「一貫生産」で養鶏業を営んでいます。
日本の近代養鶏のパイオニアとして、創業者の想いである
「この栄養豊かなたまごを、いつでもだれでも安心して食べられるようにしたい」を
継承し、飼養技術を磨き、高品質なたまごを生産し続けてきました。
これから迎える100周年を機に更なる200年企業へ向かって、新たな飼養技術の研究開発、商品開発、販売ルートの開拓にチャレンジしています。

●事業内容●
鶏卵の生産・販売
養鶏コンサルタント事業
有機堆肥の製造販売および土地改良事業
●社員数●
230名
●正社員の男女比●
7:3
●正社員の平均年齢●
41.7
●勤務地●
埼玉県深谷市
茨城県小美玉市
※一部職種で横浜市で勤務の可能性あり
●参加者へのメッセージ●
創業100周年目の入社者になりませんか?
愛鶏園は2025年に創業100年を迎えます。新経営ビジョン「VISON2031」を制定し、
次の100年に向けて、愛鶏園では様々なチャレンジをはじめました。安心・安全でおいしいたまごの生産体制、飼養技術の開発と継承はもちろん、
ブランドビジョン「たまごを通して、大切な人を幸せにする」を実現するために、
「新商品開発」「たまごを通じた食の体験づくり」など、多様化する世の中に対応し
更なる成長へつなげるため、次世代の「愛鶏園」を創造する活動に力を入れています。
まさに、「100年目の第2創業期」を迎えているのが愛鶏園です。
共に次の100年を創造していきましょう。

▽ホームページ▽
https://www.ikn.co.jp/
出展企業の紹介⑩
有限会社北翔産業(北海道/畑作・肉牛)
 

●会社紹介●
北海道洞爺湖町で肉用牛と畑作の複合経営を行っております。
肉用牛は全頭黒毛和種で、現在総飼養頭数は440頭ほど飼養しております。繁殖から出産、育成から肥育までの完全一貫経営で、出荷先は主にJAと協力し東京食肉市場(株)へ販売しています。また、餌となる牧草も自社で栽培してます。
畑作に関しては、テンサイ、豆、バレイショ等を栽培・生産しています。
近年の肥料高騰で生産コストが上がっていますが、私たちの農場では以前から牧草地と作物畑の土壌診断を行い、専門家の指導ので下肥料を過不足なく使用して収量を確保しています。また肉用牛から出る堆肥にも少量ではありますが肥料の栄養分があるので、化学肥料の節約にも役立てています。

●事業内容●
肉用牛(黒毛和牛)の生産
畑作物(テンサイ、バレイショ、小豆、加工スイートコーン)の生産
●社員数●
4名
●正社員の男女比●
2:2
●正社員の平均年齢●
30.25
●勤務地●
北海道虻田郡洞爺湖町
●参加者へのメッセージ●
畜産と耕種系農業のどちらもやってみたいという方は大歓迎!
また、どちらかで迷っている方も気軽にお問い合わせください。
農業は色々な世界情勢で厳しい時代ですが、若い皆さんのやる気で面白くやりがいのある仕事にしてみませんか?

▽ホームページ▽
http://hokusho-sangyo.com
過去参加者の声 「ホームページだけではわからない情報を得ることができて良かった。企業によって、取り組み方などにも特徴が出ていたように思う。」
「農業に対しては前時代的なイメージしか持っていなかったので、農業界は若く新しい発想とエネルギーに満ちているのだと感動しました。」
「オンラインではありながら、雰囲気など感じることができたのでよかったと思います。」
「農家さんのプレゼンだけではなく、交流タイムを設けていただいたことによって、情報だけではわからないようなそれぞれの農家さんの熱意や雰囲気を少しでも感じることができた点が、とてもよかったです。」
「プレゼンの中で、どの農家さんも写真をたくさん使われており、現場のイメージが付きやすかったです。」
「最初のプレゼンも楽しかったですが、実際に会話できる交流タイムでは各企業それぞれの話を聞けて、企業それぞれの色を感じることが出来ました。」
「現場のリアルな声を聴くことができたのが良かった。」
「多くの先進的な農家企業のお話を聞けてとても勉強になりました。」
「初めてこのようなセミナーに参加したのですがとても有意義な時間になり、今の企業がどのようなことを考えているのかがわかりました。」
「様々な企業を比べられたところ。特に質疑応答の際、違う回答が得られ勉強になった。」
「企業様と少人数でお話しする時間があり深く企業様のことや働き方、生活スタイルを知る事ができました。」
「プレゼンで良かったこと、印象に残っていることは、仕事の1日のスケジュールや、生活スタイルについての説明です。自分の中で働く上での生活スタイルといった部分を重視し現在、就職活動を行なっています。なので、仕事の1日のスケジュールや、生活スタイルについての説明が特に印象に残っています。」
「とにかく楽しかったです 食の仕事のすばらしさ楽しさがわかりました ぜひ関わっていきたいのでよろしくお願いします」
「どの企業にも言えることですが、教育をきちんと受けられそうで、安心して入社できるという印象でした」
応募フォームはこちら(約1分で簡単にエントリーできます!) https://www.secure-cloud.jp/sf/business/1706233642rIJatUbs

主催者情報

主催者 株式会社あぐりーん(農家のおしごとナビ運営会社)
お問い合わせ先 本イベントに関する問い合わせ、申し込みは下記連絡先までお願いします
お申し込み先 本イベントの参加申し込みは、下記申し込みフォームからご応募いただくか、サイトの応募フォーム、お電話、メールのいずれかにてご連絡をお願いいたします。
◎申し込みフォームはこちら
※申し込みフォームの場合は、農家のおしごとナビへの会員登録は不要です

メールでご連絡をされる際は、
・お名前
・住所
・属性(学生or社会人)
・学校名(学部・学科名)
・電話番号
・メールアドレス
・生年月日
をご記入ください。

お電話でご連絡をされる際は、「就農会議の件」とお伝えください。

●農業就活イベント『就農会議2025』オンライン運営事務局●
株式会社あぐりーん
TEL:0120-992-955
メール:event@agreen.jp
このイベントに応募する このイベントにお問い合わせする
農業イベント一覧に戻る