超短期の農業ボランティアもOK!
野菜の収穫や平飼い養鶏など多様な作業を体験できます。
農業も交流も観光もしっかり楽しめて学べるサイコーに充実した農園です!

検討中フォルダに入れる

大野村農園

掲載終了日:2020年6月16日 お仕事ID:01085

PRポイント

自転車でスーパーやコンビニにも行ける、のどかでちょうど住みやすい感じの田舎です。

「 言葉では表しきれないのですが、僕の今後の人生を変えるたくさんの事を学ぶことができました」
「 ここで体験しておかないと本当に後悔しそうだなぁと思って来させてもらいました。命を頂くとか、食べるとか、みんなで楽しく食卓を囲む事がこんなに大事なことでめちゃくちゃ楽しいという事をものすごく久しぶりに経験できました」
などの感想を頂き、皆さん単に農作業だけでなく、生き方や食について、社会についてなど、色んなことを学び考えさえられる場にもなっています。

仕事は大変なこともありますが、時々自宅で近所の農家さんや漁師さんたちも招いて飲み会をしながらワイワイ騒いだり熱く語ったりして交流もできますよ。

【 代表菊地のご挨拶 】
みなさんこんにちは!大野村農園代表の菊地です。
私たち大野村農園は、東日本大震災後に福島県相馬市で新規就農しました。
夫婦で経営する小さな農園で、夫婦と2人の子供、そして他県から来てくれるボランティアや研修生の皆さんとともに、楽しく畑を耕しています。
『いつか地元で農業をやりたい!』を目標に、勉強のため三重県や香川県で野菜作りを中心に経験を積みました。そんな矢先に震災が発生。自分がやらなかったら相馬の農業が潰れてしまうかもしれない!と危機を感じ、地元に戻り自分たちで一からやってみよう!!ということで一念発起、日々奮闘の毎日を送っています。

【 こんなこともありました… 】
地元に戻り、祖母の小さな畑でブロッコリー作りから始めました。
気候がわからないことから虫の被害に合ったり、せっかく育った自慢の野菜を荷台に積んで直接売り歩いても、風評被害で安く買い叩かれたりと苦い経験を味わいました。
しかし、全国からのボランティアの方々に助けられ、また徐々に農地を貸してくれる方が増え、現在はおかげさまで3町の広大な畑で、ブロッコリーやレタスを中心とした年間20種類ほどの野菜を育てることができるようになりました。
2015年から始めた平飼い養鶏では、こだわりの餌と環境で育った鶏たちが産む「相馬ミルキーエッグ」の販売がスタートしました。この取り組みは「そうま食べる通信」や「東北食べる通信」のほか、雑誌や新聞などでも多数取り上げられています。

【 大野村農園の野望☆ 】
これから大野村農園は、有機野菜の栽培、無農薬の果樹やお茶・ジャムなどの加工にも挑戦したいと考えています。試行錯誤しながらもカタチにできるよう、少しずつ準備を進めています。また、たくさんの方へ支えてもらった恩返しの意味も込めて、農業の魅力をいろいろな人に実感してほしいという思いで、農業に興味のある人たちをお受け入れしていこうと考えています。

毎年10~20代の若い人が多いですが、気に入ってくれてリピーターの方もいるんですよ!
全国から人が集まり、ひとつ屋根の下住み込みで暮らしています。朝は早く、仕事の手を抜いたり私生活がだらしないと注意される。そんな密な関係ですが、休日にはみんなで温泉や映画に出かけたりお酒を交わしたり…と農家暮らしを楽しんでもらえると思います。

【将来本気で農業をやりたい方も大歓迎!】
将来、相馬に移住して自分で農業をやってみたい方も募集しています。
自然卵の養鶏や相馬唯一の在来種・相馬土垂(サトイモ)の栽培などにも興味がある方、大野村農園があなたの夢をサポートします。本気で相馬での独立を考えている方には、その方自身で管理する専用の畑を任せたいと思っています。
また、地域の人を呼び込んだ食育イベントの手伝いなども通して、農業知識だけにとどまらない様々なノウハウも取得できるチャンスです。まだ就農して8年目の私たちですが、だからこそできる生のアドバイスが聞けますよ。

ぜひこの田舎町で、私たち夫婦と一緒に農業しませんか?!
まずはお気軽にご応募・お問合せください。

  • 大野村農園での仕事の魅力、それは大農園と違い仕事が分業化されていないことです。様々な作業に携わることができるので、将来独立を考えている方には自分の将来をイメージしやすいのでは!?

  • 短期ボランティア希望の方は、働きたい期間について相談に乗ります。毎年10~20代の若い方がお手伝いに来てくれますが、リピーターさんも少なくないですよ!

  • 沢山の種類の野菜を栽培しています。夏は果菜類中心、冬は根菜類や葉菜類中心です。旬のものを美味しい時期に出荷しています。

  • 直接お客様に触れ合えるマルシェ等のイベントには積極的に参加しています。野菜の美味しさ大切さ、そして思いをお客様に伝えてくださいね!

  • 市販の配合飼料を使わず全て自分で選んだ素材を配合・発酵させて餌をつくっています。また、地元の親子連れも頻繁に卵とり体験などに参加しています。

  • 休日にはみんなで温泉や映画に出かけたり、お酒を楽しく呑みかわしたり…。オンとオフをしっかり分けて、メリハリのある早寝早起きの人間らしい田舎暮らしです。

この求人に応募する この求人にお問い合わせする
検討中フォルダに入れる

募集要項

勤務地 福島県相馬市大坪字西畑23-1
仕事内容 野菜の収穫、調整、直売所への出荷、種まき、定植、草取り
鶏のえさやり、卵とり、餌づくり、たまにイベントの手伝いなど

※希望があれば、トラクター、薬散など機械ものも
雇用形態 ◇契約社員・研修生
◇ボランティア
期間 即日~1か月以上(ボランティアの方は数日のみでもOK)
給与 ◇契約社員・研修生:時給 800円 ※農の雇用事業適応後は時給900円
◇ボランティア:給料は出ませんが自己負担(生活費)もありません
◇昇給:ご本人の実績に応じて
◇賞与:業績に応じて
勤務時間 実働8時間
冬…7:00~12:00、13:30~16:30
夏…6:00~11:00、15:00~18:00
※天候、季節によって変動があります
休日 週休1日
寮・社宅・宿泊先 【住まいについて】
◇契約社員・研修生は、オーナー自宅近くの宿舎(一軒家)で生活
・個室貸与(人数により相部屋になる場合もあります)
・部屋は、鍵有り部屋と鍵無し部屋があります
・家電や布団等すぐに生活できる環境です
・各種携帯会社の電波は入ります
・Wi-Fi完備

◇ボランティアはオーナーの自宅に住み込み・個室あり・一日3食付

【食事について】
自炊
・自転車で15分くらいのところに大型スーパーなどの商業施設あり
・広い台所あり
・農園の傷物野菜、卵、米、鶏肉は支給できます

【生活費について】
自己負担(寮費・光熱費):35,000円/月~40,000円/月
→ボランティアの方はかかりません
社会保険 雇用保険、労災保険
必要な資格・経験
待遇 ■ご希望の期間で就業可
■宿泊先有り
■交通費支給
会社情報
応募の際にご注意ください 鶏にアレルギーのある方はご遠慮ください
大野村農園ホームページ http://oonomuranouen.wix.com/soma
大野村農園ご紹介動画 https://www.youtube.com/watch?v=C3oeCi6YzHg
地図 地図はこちらをクリックしてください

企業情報

詳細 【名称】大野村農園
【事業内容】露地野菜(一部ハウス)・養鶏
【従業員数】3名
【所在地】〒976-0007福島県相馬市大坪字西畑23-1
【電話番号】090-7574-3114
【代表者】菊地 将兵
【担当者】菊地 陽子
【連絡の取りやすい時間帯】8:00 ~ 20:00
応募方法 「農家のおしごとナビ」よりご応募いただくか、携帯電話まで直接ご連絡下さい。直接ご連絡いただく場合は「農家のおしごとナビを見て」とお伝え下さい。
採用の流れ 応募 ⇒ 電話面接 ⇒ 採用
この求人に応募する この求人にお問い合わせする
求人情報一覧に戻る