田辺市地域おこし協力隊募集検討中フォルダに入れる

スマート農業で地域農業が抱える課題解決に取り組みましょう! ◎和歌山県田辺市地域おこし協力隊募集(令和4年度採用)◎

田辺市ってどんなところ?
和歌山県の中南部に位置する都市、田辺市。
人口・経済においては、県庁所在地である和歌山市に次ぐ県内第二の都市であり、和歌山県南部の経済・産業の中心地です。一方で、温暖・湿潤な気候を活かし、温州みかんや中晩柑類など果樹栽培を中心とした農業も盛んにおこなわれており、1年を通して様々な果樹が全国に出荷されています。特に、梅の産地として全国的にその名が知られています。

地域おこし協力隊募集!
梅の産地として有名な田辺市ですが、昨今は担い手の高齢化や後継者不足などの理由から耕作放棄地が増え、梅の生産量が落ち込みつつあります。また、耕作放棄地の増加によりイノシシなどの鳥獣被害が増え、問題となっています。
そこで市では、地域の農家を支援し、農業の活性化を図るべく、このたび地域おこし協力隊を募集することにいたしました。
地域おこし協力隊は、国の制度で地方自治体が都市地域からの移住者を対象に『地域おこし協力隊員』として任命し、農林漁業への従事、地域の魅力PR、お祭りやイベントの運営など、様々な地域協力活動を行いながらその地域への定住・定着を図るというものです。

今回地域おこし協力隊として任命された方には、田辺市の中でも地域の農業従事者の減少が進行している上秋津地域において、ICTなどを活用した農業生産に従事していただきながら地域農業の振興を図り、持続可能な地域づくりを目指していただきます。
具体的には、「株式会社秋津野ゆい」という会社で農作業(梅栽培)をしていただきつつ、農業の基礎から実践技術の習得を図っていただきます。また、地域の耕作放棄地を開墾し、再生する取組みや、地域内のイベントや地域行事への参画・補助等の地域行事活動などを行っていただきます。
「株式会社秋津野ゆい」は、上秋津地域や周辺の農家から農地を借り受け、南高梅を中心に栽培を行っている会社ですが、ICTによるデータ活用やリモコン自走式草刈機などを積極的に活用することで省力化を図るなど、スマート農業を推進しています。将来的には、収穫などで人手が足りない農家の代わりに作業を請け負う計画も立てているなど、地域が抱える担い手不足の課題をスマート農業で解決すべく取り組んでいます。

地域おこし協力隊としての活動期間は最大で3年間となりますが、任期終了後も田辺市に定住し、例えば農家として独立していただくなど、起業や就業をしていただくことを期待しています。
これまでの経験は問いません。
ぜひあなたのアイディアと行動力で、上秋津地域を盛り上げてください。
ご応募をお待ちしています!

★田辺市地域おこし協力隊募集要項はこちら(PDF)

この求人に応募する この求人にお問い合わせする

募集要項

名称 田辺市地域おこし協力隊募集(令和4年度採用)
募集内容 田辺市の会計年度任用職員として任用します。

【任用期間】
令和4年4月1日以降の任用した日から同一年度の年度末まで
※任用の開始時期は、派遣先団体及び任用内定者と協議の上決定します。
※任用期間は、活動実績等を踏まえて年度毎に更新し最長3年間まで延長する場合がありますが、期間の延長については、市で判断させていただきます。隊員としてふさわしくないと判断した場合は、任用期間中であってもその職を解くことがあります。

【勤務時間】
8:00 ~ 17:00(※休憩2時間を含む)を基本とします。
派遣先団体と調整の上、週5日(週35時間)での活動となります。
※活動日は月曜日~金曜日を基本としますが、活動内容により活動日及び活動時間帯が変動することがあります。
※休日に出勤した場合は振替対応を原則とします。
※活動時間以外で業務に支障がなければ、兼業が可能です。
※休暇は、「田辺市会計年度任用職員の勤務時間、休暇等に関する規則」に基づき取得することができます。ただし、産前産後又は育児のために地域協力活動を中断する期間は最長1年間です。

【報酬】
月額167,000円
※報酬から社会保険料等を控除します。
※期末手当は市の規定により支給します。
※時間外手当、退職手当等の各種手当の支給はありません。
※報酬は、令和4年度予算成立が前提となりますので、今後、内容等に変更が生じる場合があります。

【待遇及び福利厚生】
(1)市で健康保険・厚生年金・雇用保険の社会保険に加入します。
(2)着任地域での住居については、派遣先団体にて用意し、家賃は30,000円を上限に市が負担します。ただし、賃貸借契約に係る仲介手数料(家賃の1か月分)は個人の負担となります。
(3)着任準備に要する経費(引越し費用、生活備品等)、光熱水費などの生活に係る経費、自治会費等は個人の負担となります。
(4)研修参加に伴う参加費及び旅費並びに活動用車両及び燃料費等で隊員としての活動に必要な経費は報酬とは別に市の予算の範囲内で、派遣先団体と調整の上、対応します。
応募資格 次のすべての項目に該当する方を対象とします。
(1)3大都市圏をはじめとする都市地域等から生活拠点を田辺市内へ移し、住民票を田辺市内に異動することができる方(既に田辺市内に生活拠点がある方は対象外です。)
※3大都市圏をはじめとする都市地域:条件不利地域(過疎法、山村振興法、離島振興法等の指定地域)以外の地域に住んでいる方が対象
※ご自身の住民登録地について、該当するか不明な場合はお問い合わせください。
(2)地域の活性化に深い知識と熱意を有し、積極的に活動できる方
(3)心身ともに健康で、地域になじむ意思を有し、地域住民と協力しながら誠実に活動を遂行できる方
(4)普通自動車運転免許を有し、実際に運転ができる方(日常生活を送る上で自動車が必要です。持込みされることを強くお勧めします。
(5)パソコン(メール送受信、Excel、Wordなど)の一般的な操作ができる方
(6)活動期間終了後に田辺市において起業又は就業し、本市にとどまる意思のある方
(7)地方公務員法第16条各号に該当しない方
※地方公務員法第16条各号は、次のとおりです。
ア 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの者
イ 当該地方公共団体において懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない者
ウ 人事委員会又は公平委員会の委員の職にあって、地方公務員法に規定する罪を犯し刑に処せられた者
エ 日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者
(8)活動に際して、市の条例及び規則等を遵守し、職務命令等に従うことができる方
選考方法 【選考方法】
(1)一次選考〔書類選考〕
資格要件(住民登録地の確認)、書類内容を本市で審査し、書類選考結果を令和4年2月18日(金)までに応募者全員に通知します。

(2)二次選考〔面談(団体とのマッチング)〕
一次選考合格者を対象に、派遣先団体との面談(団体とのマッチング)、行政担当者による説明などを行います。
<選考日>令和4年2月27日(日)(予定)
<会 場>田辺市役所(和歌山県田辺市新屋敷町1番地)
※二次選考のために必要な交通費等は個人の負担となります。
※詳細については、一次選考合格者にご案内します。

(3)二次選考(最終選考)結果の報告
最終結果報告は、二次選考受験者に通知します。
任用内定後、派遣先団体との顔合わせや住居の確認などを経て、令和4年4月1日以降の着任となります。
※着任時期については、派遣先団体及び任用内定者との協議により、令和5年3月1日までの間で調整させていただくことが可能です。
注意事項 (1)応募のために必要な費用(郵送料等)は個人の負担となります。
(2)募集要項、田辺市地域おこし協力隊応募用紙の様式などの情報は、田辺市ホームページか
らダウンロードできます。
田辺市企画部たなべ営業室 https://www.city.tanabe.lg.jp/tanabeeigyou/
地図 地図はこちらをクリックしてください

募集先情報

名称 田辺市企画部たなべ営業室 地域おこし協力隊担当
所在地 〒646-8545 和歌山県田辺市新屋敷町1番地
お問い合わせ先 お問い合わせ、ご応募は下記連絡先までお願いいたします
お申し込み先 【申込・お問合せ先】
田辺市企画部たなべ営業室 地域おこし協力隊担当
〒646-8545 和歌山県田辺市新屋敷町1番地
Tel:0739-33-7714(直通)/ Fax:0739-22-5310(代表)
E-mail:tanabe.eigyou@city.tanabe.lg.jp

【応募期間】
令和4年1月4日(火)から令和4年2月10日(木)17時まで(必着)

【提出書類】
下記、ア~ウの書類を郵送または持参してください。

ア 田辺市地域おこし協力隊応募用紙
イ 住民票の写し(原本・発行日が受付開始日以降のもの)
ウ 普通自動車運転免許証のコピー(表・裏)

★地域おこし協力隊応募用紙はこちら
この求人に応募する この求人にお問い合わせする
求人情報一覧に戻る