山口県周南市就農支援検討中フォルダに入れる

本気で農業をしたい!そんな思いをパッケージで支援★準備・研修から就農後まで長くサポート!


新たに農業を始めるには
・栽培技術の習得
・農地の確保
・資金
・住居など
多くの課題があります。
山口県周南市ではこれらの課題に対して「パッケージ」で支援します。

“単なる新規就農者としてではなく、地域の担い手となってほしい”
そんな想いも込めて、あなたの夢を全力でサポートします♪


詳細パンフレットはこちら
「独立自営就農希望」のみならず、「法人就業希望」の方も、周南市で農業をはじめませんか?


【主な作目・特産品】
周南市は沿岸部から山間部まである、多様性に富んだ地形により、水稲、麦、大豆はもちろん、ブドウやナシなどの果物、自然薯やサトイモ、施設栽培によるトマトやほうれんそうなど多種多様な農作物が生産されています。
その中でも、新規就農を希望するみなさんへは安定した収入が見込まれる、中山間地域での“夏秋トマト”と”超促成栽培わさび”を組み合わせた複合経営をお勧めしています。

▼トマト▼

▼わさび▼


【パッケージ支援の具体的な内容】
・技術研修…農業大学校や先進農家で約2年間研修します。
・農地の確保…農地中間管理機構を通じて10年以上の貸借可能な農地をあっせんします。
・機械・設備の整備…市やJAが整備したビニールハウスや農業用機械を、最長10年間レンタルします。
・住居の確保…市の遊休施設や一般の遊休家屋を中心に安価な借家をあっせんします。
その他、県や農林水産事務所、JAなどの関係機関が連携し、就農相談から経営開始後も継続して支援します。

【新規就農者の状況】
本市では毎年4名程度の若者が新たに就農しています。
中でも、パッケージ支援者として市の認定を受けた若者が、山口県立農業大学校や先進農家のもとで研修に励み、平成29年度に2名、平成30年度に4名が「トマト」と「わさび」の複合経営を開始しました。

【暮らしデータ】

<周南市の概要>
周南市は、山口県の東南部に位置し、北は中国山地を背に、南に瀬戸内海を臨み、その海岸線に沿って大規模工業が立地し、それに接して東西に市街地が続いています。
北側には、広大でなだらかな丘陵地が広がり、その背後には、農山村地帯が散在しています。
南側の周南市沖の海底には岩が多く、さらに潮の交流が激しいために、海藻や稚魚などが豊富で、山口県の特産物であるふぐの生息に適した海域です。粭(すくも)島はふぐのはえなわ漁発祥の地です!
また、島しょ部は、瀬戸内海国立公園区域にも指定されており、美しい自然景観を有しています。

<中山間地域について>
市北部の中山間地域では、冷涼な気候や豊かな土壌、清流を生かし、水稲を中心に農業が営まれています。夏秋トマトとわさびの複合経営での就農にも向いており、平成29年以降、30代以下の若者6人が経営を開始しました。
市北部の鹿野地区は、市役所支所や病院、幼稚園から中学校までの教育機関、スーパーマーケット、JA、高速道路のインターチェンジなど、日常生活に必要な施設が整っています。

▼北部の中山間地域では水稲を中心とした営農がされています。


▼沿岸部は工業地帯で夜景スポットにもなっています。


▼徳山駅から車で5分の街中には徳山動物園があり、家族連れでにぎわっています。 

  • ▼先輩就農者からのメッセージ▼

  • ★夫婦で就農
    【栽培品目】
    ぶどう105a、梨40aを栽培。秋には観光農園としても営業。
    【メッセージ】
    漠然と『農業したいなあ』と思ったとき、市の担当の方に相談する中で具現化し、支援を受けながら、安心して就農することができました。
    命のもとは食べ物=農業です。その可能性の方向は様々で、夢のある魅力的な仕事だと思います。ともに歩んでいきましょう。

  • ★夫婦で就農(夫:地元就農 妻:Iターン就農)
    【栽培品目】
    イチゴ10a、ナス5aを栽培。
    【メッセージ】
    日々の農作業は大変でしたが、一生懸命育てた作物を買ってくれるお客さんの反応に感動したのを今でも忘れられません。自然の中で作物中心の生活は大変な面もありますが、とても楽しく充実しています。

  • ★Uターン就農
    【栽培品目】
    ビニールハウス8aでミディトマト・大玉トマト、露地10aで野菜を栽培し、道の駅や直売所を中心に出荷
    【メッセージ】
    自分でいろいろ考えるよりも、市の担当課やJA等に相談してください。きっと力になってくれます。また、農業は家族の理解と協力が不可欠です。家族でよく話し合って、ともに夢を実現するため、頑張りましょう。

この求人に応募する この求人にお問い合わせする

募集要項

名称 【山口県周南市】移住就農者募集
募集内容 【対象】山口県周南市での新規就農・独立就農を目指す方
【年齢】40歳未満の方
【募集人数】3名程度

※山口県立農業大学校で農業を体験していただくことも出来ます。
パッケージ支援『4つの柱』 【1つめ 技術研修】
農業未経験の方も安心して就農いただけるように基礎研修と現地研修を各1年間ずつご用意しております

●基礎研修●1年間
研修場所:山口県立農業大学校
研修内容:山口県立農業大学校で開設される「やまぐち就農支援塾」で栽培技術や農業経営の基礎を学んでいただきます

●現地研修●1年間
研修場所:県内の先進農家など
研修内容:県が認定する先進農家等において、栽培技術や経営についての実践的な研修を行います
★就農開始後も県やJA、市の職員が訪問指導しています

【2つめ 農地の確保】
地元ではない、山口に所縁がないという方にも、ぜひお越しいただきたいので、農地を借りる時の支援を致します
●山口県農地中間管理機構を利用し、最大5年間の借地料を県と市が負担します
※自己負担ゼロ(県1/2、市1/2負担)

【3つめ 機械・施設の整備】
農業をはじめるために必要な機械や施設の購入や整備にかかる、初期投資を減らすための支援です
●市やJAが整備したビニールハウス等を10年間レンタルします(有料)
※10年後は個人のものとなります

【4つめ 住宅の確保】
遠方からも安心して移住していただけるように、一緒に物件をお探しします。
●周南市内の空き物件や空き家などを中心に安価でご紹介します(家賃目安3万円/月前後)
★基礎研修期間中は農業大学校の寮を利用できます
(寮費:年間30万円、食事込み※食堂がございます)
 先進農家での現地研修中の住宅の借用についても補助があります。
(25,000円上限/月、半額補助)
オススメの栽培品目 周南市では取り組みやすく、安定した収入が見込まれる『夏秋トマト』と『わさび超促成栽培』を組み合わせた2毛作をオススメしています。

【経営収支試算(例)】※条件により変動
労働力:家族2名+臨時雇用1名
収入:910万円
支出:610万円
所得:300万円
(周南市平均所得:310万円)
==========
・夏秋トマト 20a
収入:600万円、支出:410万円、所得:190万円
・わさび超促成栽培 10a
収入:310万円、支出:200万円、所得:110万円

★トマト苗とわさび苗は半額補助あり

━━‥━━‥━━‥━━‥━━‥━━‥━━★
★周南市ではトマトの地産地消を目指すべく『夏秋トマト』の産地化を進めています
★周南市鹿野は江戸時代から伝統的にわさびを生産してきました。そのわさびを使用した"葉わさびの醤油漬け"は周南市の特産品となっています。

▼特産品『葉わさびの醤油漬け』▼
資金支援 【研修期間中】
国による支援:農業次世代人材投資資金(準備型)
◆最大150万円/年(2年以内)
【就農後】
国による支援:農業次世代人材投資資金(経営開始型)
◆最大150万円/年(5年以内)
※資金交付決定は、事業申請時の要件、予算によります。

【HP】 https://www.city.shunan.lg.jp/soshiki/33/3878.html
【移住HP】 http://shunan-chiikijoho.jp/
地図 地図はこちらをクリックしてください

募集先情報

名称 【山口県周南市】移住就農者募集
所在地 山口県周南市岐山通1-1
お問い合わせ先 お問い合わせ・お申込みは下記連絡先までお願いいたします
お申し込み先 【相談窓口】周南市経済産業部農林課農政畜産担当 小山・松田
【TEL】0834-22-8356
【FAX】0834-22-8375
【MAIL】norin@city.shunan.lg.jp
この求人に応募する この求人にお問い合わせする
求人情報一覧に戻る