あぐりーんTopics

  • 2020/11/05(木)
  • あなたに合った酪農を見つけませんか?

 

酪農に興味がある・・・牛が好き・・・・

でも牧場がたくさんあってどうやって探したらいいのかわからない・・

そんな方に、牧場選びのヒントをご紹介します。

今回は、牧場を選ぶ基準の一つ、「牛舎のスタイル」です。

 

 

 普段、牛が生活をする「牛舎」。

一般的に、

◆つなぎ牛舎

◆フリーストール・フリーバーン牛舎

という牛舎があります。

 

 

◆つなぎ牛舎

 

つなぎ牛舎は、その名のとおり、牛舎の中で、それぞれのスペースに牛がつながれているスタイルです。

1頭1頭個体管理がしやすいのが特徴で、搾乳時は牛のところに機械を持って行って搾るスタイルです。

一方で、牛の運動量が少なくなるデメリットもあります。

飼養頭数は数十頭くらいまでの規模の牧場が多く、日本の全酪農戸数の約70%くらいがこのスタイルです。

 

 

 

 

◆フリーストール・フリーバーン牛舎

 

 

フリーストール牛舎やフリーバーン牛舎は、牛舎の中で、牛が自由に動き回ることができます。

「フリーストール」は、牛の寝床が仕切られており、「フリーバーン」は、牛が自由に寝ることができる構造です。

前述した「つなぎ牛舎」は、1頭1頭の管理がしやすいのがメリットですが、飼養頭数が増えると、作業効率が悪いため、作業時間が長くなってしまいます。一般的に100頭以上になると、この牛舎に切り替えをするケースが多いです。

近年、酪農業界は、大規模化が進んでおり、この牛舎を採用するところが多くなっています。

 

なお、フリーストール牛舎やフリーバーン牛舎では、搾乳時には、「搾乳舎(ミルキングパーラー)」に牛たちを移動させて、搾乳を行います。

ミルキングパーラーも、牧場によって様々なスタイルがあります。

●パラレルパーラー

 ⇒搾乳者から見て牛を縦に並ばせて搾乳をスタイルです。1度に多くの牛の搾乳が可能です。

●ヘリンボーンパーラー

 ⇒搾乳者から見て牛を斜めに並ばせて搾乳を行うスタイルです。牛同士の距離が保つことができ、牛のストレスを最小限に軽減できます。

●タンデムパーラー

 ⇒搾乳者から見て牛を横に並ばせて搾乳を行うスタイルです。牛を横から見ることができるので最も個体の観察がしやすく、牛との距離も近いので作業がしやすいパーラーです。

●ロータリーパーラー

 ⇒牛がターンテーブルを回り、搾乳者のところに移動してくるスタイルです。一定の速度で多くの牛を搾乳することができるので、搾乳時間の削減が可能です。また、少ない搾乳者かつ定位置で作業ができるので人件費と労力の軽減につながります。

【参考】

最近は「搾乳ロボット」という機械を設置している牧場もあります。

 

 

 

「搾乳ロボット」は、牛が自発的にそのロボットの中に入り、搾乳をしてもらう機械です。人の手を省ける点から、生産性アップに一役買っています。

 

 

 

 

農家のおしごとナビでは、検索画面で【つなぎ牛舎】、【搾乳ロボット】と入力していただくと

該当する牧場さんの求人が出てきますよ!

ご自分にあった酪農のスタイルを探してみてくださいね~~

 

トピックス一覧へ戻る