山口市で農業をはじめてみませんか?検討中フォルダに入れる

美しい海と山に囲まれた山口市で、充実したサポートを受けながら、農業をはじめませんか?

こんにちは!山口市です。

山口市は、山口県のほぼ中央部に位置し、南北に長い形をしています。そのため、冷涼で雪遊びもできる北部の山間部から、県内有数規模の商店街や、山陽路随一の湯量を誇る湯田温泉、充実した医療環境の整う街なか、海があり温暖で平坦な農地が広がる南部まで、とてもバリエーション豊か。その中で、地域ごとに異なる気候を活かして多彩な作物が栽培されています。
“のんびり”と”便利”が心地よいバランスで同居するまち、山口市で、農業を始めてみませんか?
山口市は、さまざまな支援策を準備して、皆さんをお待ちしています!
 


<<山口市の農業>>
山口市は、山間部である北部地域は寒暖の差が大きい気候、中・南部地域は比較的暖かい瀬戸内海式気候となっており、その多様な自然条件に合わせて、様々な作物が生産されています。
北部地域では、冷涼な中山間部で、夏秋トマト「あぶトマト」が盛んに栽培されているほか、りんごや梨の栽培も盛んで、観光りんご園・梨園を中心とした経営が行われています。さらに住居が併設された新規就農者の支援施設「チャレンジ農場」が設置されており、いちご等の栽培技術が学べるほか、就農に向けた様々な支援を受けることができます。

南部地域では、平坦部を中心に、米・麦・大豆など土地利用型の農業に取り組んでおり、特に近年、生産性の高い農業に向けた取組みが積極的に行われています。また、山口県のオリジナル品種「はなっこりー」や、甘さと食感が特徴的なかぼちゃ「阿知須くりまさる」など、野菜の栽培も盛んです。
ほかにも、市内各地に朝市・直売所が設置されており、各地で地産地消に効果をあげています。
平成27年の農林業センサスによると、販売目的で作付した作物面積は、稲が76.92%、麦類が12.16%、野菜類が4.15%、豆類が2.99%、果樹類が1.44%、花き・花木が0.32%などとなっています。
また、畜産にも取り組んでおり、肉用牛では、「阿知須牛」「阿東牛」などが知られています。
 

<<山口市で就農するまでの流れ>>
1.就農相談
農業を始めるには、栽培技術に加え、農地・施設・機械等や経営が安定するまでの資金・生活費等の様々な準備が必要となります。また、個人で始めるほかに、農業法人に就職し、雇用者として就農するなどの道もあります。どのような方法・地域で農業を行いたいか、何を作りたいかなど、就農相談会等へ参加して、就農に向けてのイメージづくりをしましょう。

2.農業体験
本格的な研修を受ける前に、山口市での農業が自分に向いている職業なのか、実際に山口市を訪れて農業体験をしてみましょう。日帰りから3泊4日程度で、1人から参加できるおためし農業体験では、皆さんがやってみたい作物で体験できるよう、体験内容を一緒に組み立てて実施しています。おためし農業体験により、先輩農家さんから、技術的なことだけでなく就農に向けたアドバイスを受けることができます。また、農業法人での体験も可能です。
詳しい内容はコチラ
 

3.研修
本格的に農業に取り組む気持ちが固まったら、山口県立農業大学校(防府市)や先輩農家等のもとで、基礎から農業を勉強するための研修を受けましょう。研修期間を通して、栽培技術の取得とともに、就農計画の作成、農地を探すなど、就農に向けた準備を進めましょう。

※就農計画とは?
どのような品目で、どこで農業を始めるのか、資金をどうやって確保するのか、農業での収入・支出や、家計費も含めて、将来的な経営内容や方針を定めるものです。個人で始める場合は、あなたが経営主となります。将来のことを考えて、しっかりと計画を立てましょう。また、就農計画が審査会で承認された場合、認定新規就農者と認定されます。一定の要件を満たす必要がありますが、認定新規就農者となることで、各種支援事業を活用することが出来ます。
 
4.就農
  農家として定着するためには、栽培技術に加えて、優れた経営能力が求められます。山口市では、農業におけるICT活用を始めとした新たな技術の紹介や、農業の経営改善に資する各種セミナーを開催し、農家の皆さんと一緒になって強い農業づくりに取り組んでいます。
 

5.先輩農家の声
<林さん>(阿東地域でのトマト栽培)

「農業を始めるに当たって、趣味のスキーと両立できるため、夏秋トマトを選びました。
トマト栽培は思ったよりも難しいですが、自分次第でサラリーマン時代の収入を超えることが出来ます。今も夏はトマト、冬はスキーを楽しんでいます。
 
◎就農希望の方へメッセージ
「農業は、栽培期間中は休みもなく、大変なことも多いですが、面白いから続けられます。
阿東トマトは部会がしっかりしているため、周りと競い合いながら、技術を高めていける産地なので、是非阿東での就農を考えてみてください。」
  
<城代さん>(阿東地域でのトマト栽培)

 「転職を考えた時に農業という職業に出会い、魅力を感じて就農しました。
トマトがある時期は忙しいですが、農閑期には山に入って、木を切って、薪を作るなど、スローライフを満喫しています。」
 
◎就農希望の方へのメッセージ
「農業を始めるなら、農地選びが一番重要です。
阿東地区のトマト部会は、何事にもオープンな雰囲気なので、農地選びから生活環境まで色んなことを相談出来る頼もしい存在です。私も下関から移住してきましたが、阿東の温かい人たちに囲まれて、トマト作りをしながら、2人の子どもを育てることも出来ました。
皆さんも、そんな温かい環境の阿東で一緒にトマトを作ってみませんか?」
 
<小原さん>(阿東地域で梨栽培)

◎就農のきっかけ
「将来、果樹園を経営したいと考え、農業大学校の果樹選考に進学しました。農大では、野菜も勉強し研修も受けたりもしましたが、やはり果樹が一番魅力的であり、中でもナシ栽培を一生の仕事としてやっていきたいと考えました。」
 
◎就農希望の方へのメッセージ
「組合のみなさんが園地の購入から栽培技術指導まで丁寧に面倒をみてくださり、安心して就農することができました。みなさんも阿東地域で長門峡梨を作ってみませんか?
 
<岡村さん>(阿東地域で梨栽培)

◎就農のきっかけ
「ナシ農家の減少が進む中、生まれ育った地元の特産である長門峡梨を守りたいと考え、就農を決意しました。」
◎就農希望の方へのメッセージ
「農家はサラリーマンと違い、すべて自己責任となるため苦労は絶えませんが、自分で考え、自分のペースで仕事ができるのが魅力です。手をかけた分、梨の樹は必ず応えてくれるので、大変やりがいがあります。
梨の好きな方、ともに長門峡梨を支えていきましょう。」
 
二十世紀梨の古木、通称「100年梨」
 
山口市での就農をお考えの方は、まずは、お気軽にお問い合わせください!
↓↓↓お問い合わせ先は、コチラ↓↓↓
〒753-8650    山口市亀山町2番1号
山口市農林政策課 農業振興担当
Tel:083-934-2891
Fax:083-934-2651
Mail:n-seisaku@city.yamaguchi.lg.jp

この求人に応募する この求人にお問い合わせする

募集要項

名称 山口市で農業をはじめてみませんか?
募集内容 山口県山口市で農業をはじめる方 大募集!
地図 地図はこちらをクリックしてください

募集先情報

名称 山口市 農林政策課
所在地 〒753-8650
山口県山口市亀山町2番1号
お問い合わせ先 お問い合わせ・お申込みは下記連絡先までお願いいたします
お申し込み先 山口市農林政策課 農業振興担当
Tel:083-934-2891
Fax:083-934-2651
Mail:n-seisaku@city.yamaguchi.lg.jp
この求人に応募する この求人にお問い合わせする
求人情報一覧に戻る