HOME > あぐりーんTopics > ヴォイス > ずっとやりたかった養豚の仕事。1本の電話がつないでくれた。

2011/02/07(月) : ずっとやりたかった養豚の仕事。1本の電話がつないでくれた。

【質問項目】

①前職 ②現在の担当 ③仕事のやりがい ④大変なこと ⑤将来の夢

 

小出風子さん(20歳)

勤務先 : 有限会社常陸牧場(茨城県 養豚業)

 

 

 

    畜産科の高校を卒業、大学は全く分野に進学

    種付け、妊娠鑑定などに関わる仕事

    種付けし、妊娠が確認できた豚は同僚が担当する分娩舎に移動します。

生まれる子豚の数が多く、健康に生まれてきてくれた時が一番嬉しい!

1頭の母豚から最高で19頭生まれた時は感激でした。

    発情時期を見極めるのが難しいです。

体温の上昇や餌の減り具合、体内から出る粘液などから判断しなければなりません。

    エコーを使って妊娠鑑定をしています。妊娠していない状態(空胎)をゼロにするのが夢であり目標です!

 

 

◆取材後記◆

彼女が「農家のおしごとナビ」を通じて連絡をくれた時から、

明確な目標と自分の意志がはっきりしていてとても印象の強かった小出さん。

未経験から始めた、種付というとても大事な仕事。

質問に返してくれる答えも、専門的で具体的。

あの時と変わらず、「絶対に技術を磨いて結果を出す!」という自分が決めた道に

まっすぐ前に進んでいる姿…脱帽です。