HOME > あぐりーんTopics > > 競走馬の町◆北海道浦河町◆

2011/01/26(水) : 競走馬の町◆北海道浦河町◆

農家のおしごとナビでは、競走馬の生産牧場や育成牧場の求人を多く掲載しています。そこで、競走馬の牧場が多い北海道浦河町ってどんな町なのか取材してみました!

浦河町は、北海道の南東部に位置し、雄大な日高山脈を背に広大な太平洋に面しており、自然環境に恵まれ、夏は涼しく冬は温暖な気候の住みよい町です。
豊富な海産物を味わうことのできる海の町であるとともに、日本一の競走馬生産数を誇る馬の町でもあります。町内では初心者でも安心して乗れる体験乗馬や本格的なトレッキングなど、様々なコースが楽しめます。

 

 

≪浦河町の気候≫

浦河町は、海洋性気候の影響で夏は涼しく、冬は温暖なため、豊かで住みよい自然環境に恵まれています。気温と日照時間の季節変化が小さく、一日の最高気温と最低気温の差も比較的小さいことから、道内でも四季を通じて温暖な地域のひとつです。

浦河の夏は、真夏日になるのは稀で、熱帯夜は昭和46年以降30年間で一度も観察されたことがなく、涼しく快適です。
冬は、11月上旬に初雪がみられることもありますが、根雪となるのは12月下旬以降です。市街地では、冬期間中ずっと路面が雪で覆われているということも なく、また降雪が一度に20cm以上となることはめったにありません。雪かきや排雪の心配も少なく、冬もすごしやすい町です。

 

 

 

 

≪位置・交通アクセス≫

浦河町は、北海道日高支庁管内の南部に位置し、札幌市から約180km、帯広市から約150km、えりも岬から50km地点にあり、千歳空港からは都市間高速バス(苫小牧経由)で3時間40分、自家用車では2時間20分 とかち帯広空港からは自家用車で1時間50分です。

 

 

 

≪移住相談ワンストップ窓口≫

浦河町では、移住に係るワンストップ相談窓口開設とホームページでの各種情報提供等を行っています。また、毎年開催される東京や大阪での移住PRイベントに相談ブースを出展するなど、町職員が直接様々な相談に応じています。

 

 写真:北海道暮らし広場in東京ビックサイト

 

 

≪馬とふれあう暮らし≫

浦河町内には200以上の牧場があります。こうした特色を生かした町づくりを実施しています。
町内には、東洋一の設備を誇る「日本中央競馬会日高育成牧場」や乗馬普及施設「浦河町乗馬公園」、乗馬観光施設「優駿ビレッジAERU」などの競走馬
や乗馬に関わる様々な施設や環境が整っており、身近に馬とふれあう暮らしができます。

 

 

 

 

 

≪新規就農者の支援≫

浦河町では、新規就農者を支援しています。
農業を営むために町外から移住する方やIターンやUターンなどにより、農業経営を目指す方に対して、研修や補助制度、就農用住宅の提供等の様々な支援を行っています。

 

 

 

 

 

その他、浦河では子供向けにポニー教室があったり、小さい子どもたちにも馬と触れ合う機会があるそうです。
まさに馬の町ですね。
馬や動物が好きな方、浦河町で新しい生活を始めてみませんか?