3月14日(土)開催!北海道『釧路』就農相談会 in 東京検討中フォルダに入れる

酪農のことがいろいろ聞けちゃうお得なイベントを開催!
牛のことが気になっているあなた、東京でお会いしましょう!

「牧場で就職したい」「牧場のオーナーになりたい」「まずは体験したい」「とりあえず情報収集したい」・・参加目的もいろいろOK!【参加無料】【入退場自由】【服装自由】【ファミリーOK】

開催日時2020年3月14日(土) 10:00~17:00

申し込み締め切り日当日参加OK

酪農と言えば北海道!というイメージをお持ちの方は多いのではないでしょうか。
その北海道の中でも東部に位置する釧路地域は、特に酪農が盛んなエリアです。
人の数よりも牛の数の方が断然多く、広大な大地に牧場が点在し、のどかな草地が広がる酪農に適した地帯となっています。

さて、このたび、酪農業や北海道の暮らしに関心のある方々に向けて、そんな釧路地域のことを知ってもらおうと「北海道『釧路』就農相談会」を開催することにいたしました。
当日は釧路地域で就農・就業を全力でサポートする6つの団体が東京に集まります。
それぞれの地域の特徴や就農への支援体制、生活環境、そして、それぞれの団体が実施している短期酪農体験の概要などを直接聞くことができる良い機会になると思います。
「酪農の仕事ってどんな感じなんだろう・・」
「未経験でもできる仕事なのかな・・」
「牧場のオーナーになりたいんだけど・・」
「北海道ではどんな暮らしができるんだろう・・」
「移住するならどこがいいのかな・・」
などなど、ちょっとでも関心のある方ならどなたでもお気軽にお話を聞きに来ていただければと思います。
入退場自由、服装自由、参加費は無料のイベントです。
皆様のご来場をお待ちしております!

【当日お話しできる内容】
・北海道の酪農専業地帯である釧路地域の酪農業について
・新規就農(研修内容・期間、就農方法、受けることの出来る支援(手当、生活費、生活環境)などに関わる総合的な説明
・牧場就職(従業員を募集している農場の紹介など)
・酪農ヘルパーへの就職(ヘルパー組織や、JA事務局が就職に関わる情報、ヘルパー体験実習の受け入れや助成(交通費・宿泊費など))
・短期酪農体験・長期酪農実習の受け入れ(助成内容や研修期間、研修中の生活面でのサポートなど)
・北海道へ移住する、就職することに対するご相談(生活環境、病院、子育て、学校など)

このイベントに応募する このイベントにお問い合わせする

募集要項

名称 北海道『釧路』就農相談会
開催日時 令和2年3月14日(土)10:00 ~ 17:00
開催場所 ホクレン東京支店
→住所:東京都千代田区東神田2丁目9番5号
→最寄駅:JR浅草橋駅、馬喰町駅から徒歩約5分、各線秋葉原駅から徒歩約9分
開催内容 ブース形式での質問・相談会

※当日は北海道釧路地域から6つの団体が集まり、それぞれの地域における牧場就職や酪農ヘルパー就職、新規就農、酪農実習、酪農体験などの事情説明や支援内容、生活環境などについての説明を行います。

酪農について、北海道について現時点で全くイメージが湧かない方も1から丁寧にご説明いたしますので、少しでもご興味のある方はぜひお話を聞きに来てください!
参加対象 酪農や農業、北海道への移住に関心のある方でしたら社会人、学生問わず、どなたでもご参加いただけます
参加費 無料
定員 なし
持ち物 特になし
釧路各地域では短期酪農体験も実施しています ◎釧路太田農業協同組合(JA釧路太田)◎
・ファームステイ(食事付き)
・2泊3日以上の短期牧場体験(時期や期間は自由に設定可能)
・旅費全額支援

◎浜中町農業協同組合(JA浜中町)◎
■酪農ヘルパー体験
・3日~6日程度のヘルパー体験(随時実施)
・宿泊費全額会社負担
・交通費(道外から)2万円(税込)現金支給
■酪農体験実習
・日程、日数は調整可能(随時実施)
・宿泊費無料
・交通費半額助成(上限あり)
 
◎標茶町担い手育成協議会◎
・1泊2日以上酪農実習生体験
・専用の男女別宿泊施設(3食食事付き)
・4泊5日まで宿泊料・食事無料
・4泊5日以上で旅費交通費助成(道外3万円・道内2万円)

◎摩周湖農業協同組合(JA摩周湖)◎
・2泊3日からの短期酪農体験と酪農ヘルパー体験(随時実施)
・ホテル泊またはJAの宿泊施設(3食食事付き)
・釧路空港送迎
・作業着・長靴貸与あり
・旅費助成(道外:3万円)

◎阿寒農業協同組合◎
・1週間以内の酪農体験(酪農家にて朝と夕作業を体験)
・交通費助成(道外:上限30,000円、道内:上限10,000円)
・長靴・作業着貸出します

◎釧路丹頂農業協同組合(JAくしろ丹頂)◎
・酪農研修(日数は要相談)
・研修生宿泊施設あり(月額20,000円、鶴居村・白糠町)
・学生(高校、大学、専門学校)は交通費助成制度あり
出展6団体のご紹介 1.釧路太田農業協同組合
http://www.ja-kushirooota.or.jp/

厚岸(あっけし)町は、夏は涼しく冬は雪が少なく、酪農に適した環境と住みやすさが魅力の町です。地域には約14,000頭の乳牛が使用され、その牛乳は飲用乳や乳製品として流通しているほか、厚岸産牛乳である「あっけし極みるく65」の原料となっています。
また、厚岸町は漁業も盛んで、牡蠣をはじめ沢山の海の幸にも恵まれた「山と海の理想郷」です。
■募集内容:新規就農希望者、酪農ヘルパー、酪農実習生
■移住・暮らしに関する支援:医療補助(高校生まで医療費無料)、住宅支援(住宅の貸与あり)、教育支援(スクールバスでの送迎あり)

2.浜中町農業協同組合
http://www6.marimo.or.jp/hmnk-new-farmer/

浜中町は太平洋に面する海岸部がコンブなどの漁業、内陸部には広大な酪農地帯が広がっています。放牧を推進するなど、牧草を基本とした循環型酪農で「ハーゲンダッツアイスクリーム」や「タカナシ4.0牛乳」などの原料となる生乳を生産しています。
■募集内容:新規就農希望者、酪農ヘルパー、牧場スタッフ
■移住・暮らしに関する支援:移住支援(お試し暮らし住宅)就業支援(新規就農や酪農地域での就業をお手伝い)医療費助成(18歳までのお子様の医療費を全額助成)、住宅支援(新築の場合30万円の振興券の交付)

3.標茶町担い手育成協議会
http://www.town.shibecha.hokkaido.jp/~nintei/

標茶町は大自然に囲まれた北海道の東部に位置し、牛が人口の約5倍の40,000頭という、酪農を基幹産業とする町です。飲むヨーグルトやアイスクリーム、チーズ等生産者による牛乳乳製品の生産販売も行われています。また、酪農の他にも肉牛生産や馬産などの畜産業も盛んです。
■募集内容:新規就農希望者、酪農研修

4.摩周湖農業協同組合
http://www.ja-mashuuko.or.jp/

東北海道の中心に位置する弟子屈町は摩周湖をはじめとした豊かな自然に恵まれ、また温泉もあることから観光地としても人気です。移住される方も多く、酪農はもちろん、カフェなどを開業された方もいます。ヨーロッパの片田舎のような風景の中で冷涼な気候を活かした酪農を志す方の相談を受け付けています。
■募集内容:新規就農希望者、酪農実習生、酪農ヘルパー
■移住・暮らしに関する支援:医療補助(高校生までは実質無料)、住宅支援(個別の事情に合わせて)、移住支援(個別の事情に合わせて)、教育支援(個別の事情に合わせて)

5.阿寒農業協同組合
http://www.ja-akan.or.jp/

釧路市では酪農を中心に、肉用牛生産や野菜生産等が行われています。酪農は冷涼な気候で育った豊富な牧草飼料を活かした経営が行われており、野菜は白菜、ほうれん草、キャベツが道内市場でも高い評価を受けています。夏は涼しく、冬は雪が少ない、暮らしやすさも魅力の街です。
■募集内容:新規就農希望者、酪農研修生
■移住・暮らしに関する支援:医療補助(3歳未満のお子様の入院、通院代助成)、住宅支援(研修施設への入居が可能)、移住支援(市窓口で随時相談受付)

6.釧路丹頂農業協同組合
https://www.ja-kushirotancho.or.jp/

特別天然記念物タンチョウの生息地で有名な釧路湿原に接し、豊かな農地が広がり、冷涼な気候にも恵まれ、1万2千頭の搾乳牛から10万トン以上の生乳を出荷しています。また、酪農以外にも黒毛和牛、めん羊、大型の農耕馬を飼養する農場もあります。
「たんちょう釧路空港」から鶴居村まで30km、白糠町で20km、釧路市音別町で40kmと、道外からのアクセスが良好な地域です。
■募集内容:新規就農者、酪農ヘルパー、酪農研修生
■移住・暮らしに関する支援:医療費補助、移住支援、教育支援(市町村で随時相談受付)など

▽当日の会場までの地図▽
地図 地図はこちらをクリックしてください

主催者情報

主催者 釧路担い手対策推進グループ(事務局:釧路農業協同組合連合会)
お問い合わせ先 釧路農業協同組合連合会
担当:牧野、清水 
電話番号:0154-23-1131
お申し込み先 釧路農業協同組合連合会
http://www.rakunou-kushiro.com/

 
このイベントに応募する このイベントにお問い合わせする
農業イベント一覧に戻る