新ひだか町で農業をはじめませんか?検討中フォルダに入れる

過去5年間でミニトマト16組26名、花卉5組6名の方が新規就農しています。 新ひだか町で新規就農を目指しませんか?

北海道・新ひだか町では、新規就農される方を募集しております。
当町で就農される場合には、地域を挙げてサポートいたします。また、以下のとおり農業体験、研修、支援などを行っています。
 
・農業体験の実施
・町内の農家や研修施設での研修(最長2年間)
・研修費の支給
・就農後の支援(農地賃借料の補助、利子補給等)
 

●就農作目
・花き、ミニトマト、和牛
 


【ミニトマトハウスの様子】
 
●農業体験制度
研修をしてみたいと思っているけれど、まずは新ひだか町の農業がどのようなものか知りたい…そのような方にお勧めするのが、この体験制度です。
農業体験では、農家又は町有施設で実際の作業等を体験していただきます。
 
対象者
・新ひだか町での研修・就農を目指している方
・心身共に健康であると認められる方
支援内容
・日額3,000円(夫婦の場合は両方へ支給)
※まずは、1日(半日)からでもお試しください(体験期間は最長で3か月以内)
 
●就農研修
就農研修は、町内の農家や町有施設で最大2年間行います。経験豊富な農家さんや施設の職員などから、就農に向けて農業のいろはを教わります。また、就農に向けての農地の選定や経営に関する学習サポートなど地域を挙げて応援いたします。
 
研修形態(例)
・ミニトマト等
(1年目)農家研修 ⇒ (2年目)ハウス団地(町有施設)での実践研修
・花き
(2年間)農業実験センター(町有施設)での研修
 
支援内容
・研修費の支給
月額8万5千円/1人(夫婦の場合は両方へ支給)
〔農業次世代人材投資資金(準備型)と併用できます〕
 
 

【就農研修の様子】

 
●就農後の支援
就農後にも期間限定ではありますが、様々な支援を行います。
 
支援内容
・農地賃借料補助
最長5年間、農地賃借料の50%を補助
(施設園芸2haを限度)
・借入資金利息補助金
経営基盤整備に要した借入金の利息について50%を補助(50万円以内)
・固定資産税補助
最長2年間、農地、農業機械、営農施設に課税される固定資産税を100%補助
・就農にかかる施設整備に対しての支援
ビニールハウスや、附帯設備に対して整備費の最大1/4を補助
 
●支援対象者
支援対象者は以下の要件を満たす方とします。
・新ひだか町で就農を目指す方(但し、収納時50歳未満の方に限る)
・原則、配偶者を有する方
・就農以前の負債により生活費・営農資金に支障をきたすことのない方
・農業協同組合、生産振興組織活動に積極的に参加し、JA組合員や周辺住民と協調性をもって接することのできる方。
・心身共に健康であると認められる方

以上の条件を満たす方は、協議会の実施する面接を受けていただき、合格後、基本的に4月から農業研修をスタートします。
 
●新規就農状況
平成26年から平成31年4月までにミニトマト16組26名、花卉5組6名の方が新規就農しています。


******************************************************************
★新規就農相談会in札幌開催 【2019年9月28日(土)、29日(日)】
 まずはお話を聞きにいらっしゃいませんか?
詳しい情報は、ホームページに掲載いたします
http://shinhidaka-noushinkyo.hokkai.jp
 

この求人に応募する この求人にお問い合わせする

募集要項

名称 新ひだか町で農業をはじめませんか? 【新ひだか町農政課】
募集内容 北海道・新ひだか町では、新規就農される方を募集しております。
当町で就農される場合には、地域を挙げてサポートいたします。
新ひだか町新規就農情報サイト http://shinhidaka-noushinkyo.hokkai.jp
地図 地図はこちらをクリックしてください

募集先情報

名称 新ひだか町 農政課
所在地 北海道日高郡新ひだか町三石本町212
お問い合わせ先 お問い合わせは下記連絡先までお願いいたします。
お申し込み先 新ひだか町農政課
住所:北海道日高郡新ひだか町三石本町212
電話:0146-33-2113
FAX:0146-32-3803
E-mail:nousei@shinhidaka-hokkaido.jp
新ひだか町新規就農情報サイト:http://shinhidaka-noushinkyo.hokkai.jp
この求人に応募する この求人にお問い合わせする
求人情報一覧に戻る